Kazuto Kotaka

Racing Driver
小高 一斗(こたか かずと、1999年4月17日生まれ)は、神奈川県出身のレーシング・ドライバー。3歳からカートを始め、2009年の全日本ジュニアカート選手権などジュニア大会や地方シリーズで数々のタイトルを獲得。2014年にフォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)のスカラシップを得て、限定競技ライセンスが取れる15歳になった2015年にFIA-F4選手権で参戦。翌年の第3戦富士では、当時のシリーズ最年少記録(17歳1ヶ月)で初優勝。その後に2勝を加えてシリーズ5位となる。2017年はレース活動を休止したが、2018年から再びFIA-F4に参戦し、2勝を挙げてランキング3位に。2019年は全日本F3選手権にステップアップ。2020年はスーパーフォーミュラ・ライツ(全日本F3の後継シリーズ)とSUPER GTのGT300クラスに参戦。2021年は国内最高峰SUPER FORMULA 第1戦に小林可夢偉選手の代役として参戦。メインとしてひとつ格下のSUPER FOMULA LIGHTSに参戦しチャンピオン獲得を目指します。SUPER TAIKYUにもLEXUS RC-F GT3にて参戦中。